機器間の配線がシンプルになり、セットアップに必要な時間を短縮する事ができます。
ペダルボード内の狭い場所に並べられたエフェクターなどに直接接続せず、ジャンクションボックスを経由することで、ケーブルやプラグへのダメージを減らす事ができます。